たまりば

  日記/一般 日記/一般  八王子市 八王子市


2018年05月20日

老後、誰と一緒に暮らしたい?

昨日の続きです。



60歳代既婚の場合、配偶者と一緒に暮らしたい女性は約70%、男性は約90%。
40歳代の女性がは約65%が老後も配偶者と暮らしたいと答えているので、その差は5%位ですが、男性は80%が90%と10%増加です。
歳とともに男性は配偶者の存在がさらに大きくなっていくようです。  


  • Posted by ひらめ  at 16:43Comments(0)いろいろ市民生活データ

    2018年05月19日

    夫婦の会話(年代別)

    内閣府の調査には面白い(興味深い)ものがいろいろあります。
    そのうちの一つ「「男性にとっての男女共同参画」に関する意識調査報告書」から拝借しました。



    「連れ合いともっと会話したい」比率

    若い人たち(だけ?):女性>男性 
    暫く経ち(褪せる?):女性<男性



      


  • Posted by ひらめ  at 11:55Comments(0)いろいろ市民生活データ雑学

    2018年03月19日

    運転免許証の更新

    上は今までの運転免許証 ・・・ 平成30年まで有効
    下は今日更新したもの ・・・ 平成35年って、ないんじゃない?

      


  • Posted by ひらめ  at 15:31Comments(0)いろいろ市民生活

    2018年02月15日

    ファンdoファン

    八王子市市民活動支援センターの入り口にこんなポスターを出していただけました。




    まるで、私たちの「ファンド部」ファンがいてくれているような有難さです。

    で、そのイベントはこのチラシです。




    これじゃ、よく読めないという人には

    「八王子市市民活動支援センターでは、NPO支援のひとつとして、プロボノは行っています。プロボノは、仕事をで培った知識やスキル・経験を持ったボランティアが、団体の困りごとを一緒に解決する取り組みです。
    今回は、ホームページの専門家が、ホームページに関する問題を担当します。まずは、相談会にお越しください。解決方法を一緒に考えます。

    対 象:現在ホームページを持っているが、困っている市民活動団体
    会 場:八王子駅南口総合事務所 多目的スペース
    開催日:3月18日(日)10~15時(事前予約制)
    費 用:無料
    定 員:5団体
    申込み:ご希望の時間帯(一時間単位)の順番をお知らせください
        (ご希望に添えない場合もあります)
    〇期 限  平成30年3月10日(土)
    〇申込先  八王子市市民活動支援センター(ファンド部 )
    メール npo802@shiencenter-hachioji.org
    Tel 042-646-1577/ Fax 042-646-1587

      


  • Posted by ひらめ  at 07:15Comments(0)いろいろ市民生活

    2017年04月26日

    犯人は私

    一昨日アップした「JA橋本駅」


    上の写真じゃ何を言いたいの分からないと思います。

    が、下を見ると、非常ボタン板が斜めになっているのが分かるはずです。


    もう1年以上前のはずですが、人ごみに流されてやや長身の私の頭がゴツン!
    (すごく痛かった)
    そのせいでもありませんが、相変わらず冴えませんねぇ~。



      


  • Posted by ひらめ  at 11:25Comments(0)多摩いろいろ番外編地域

    2017年04月24日

    1・2、3・5、4・5



    JR橋本駅。何か気になって考えてみましたが、やはりこの並びにするしかないようです。
    電車の乗り継ぎなどを考慮すると、仕方ない感じですが、ちょっと心地の悪さが残ります。  


  • Posted by ひらめ  at 20:17Comments(0)いろいろ番外編旅行市民生活雑学地域

    2017年03月19日

    不覚!



    昨日は疲れていたせいか、電車でウトウト。
    気が付いた時には二駅も行き過ぎてしまっていました。
    「やべぇ~」でした。  


  • Posted by ひらめ  at 12:53Comments(0)いろいろ地域

    2017年03月05日

    何年かかった?

    (PCの人は)下のスクロールバーを右にずらせてご覧ください。


    お陰様で、今までのアクセス数が1万を超えました。
    ご覧いただいた皆様、有難うございました。
    3月5日時点では、たまりばランキングも「77」位と縁起が良いです。

    1万ついでに、先日face_bookにもアップした”マン”ホールの写真です。
    八王子市制100周年、「百年の彩を次の100年の輝きへ」
    百×100=1万ということで・・・???



      


  • Posted by ひらめ  at 07:29Comments(0)いろいろ番外編歴史趣味市民生活データ地域

    2016年12月17日

    「男女より老若」共学を



    今日(12/17)は都庁に行ってきました。
    用件はこれ ↓
    http://www.hungerfree.net/news/10725/

    受講は13名。
    内訳:(性別)男性6名、女性7名。(推定年齢)シニア4名、30~50歳代9名。

    大変有意義な場でしたが、やはり気になったのがシニアの発言。
    ワークショップでも、若い人は「自分に出来ること」を素直に表現しますが、シニアは「べき論」で教育を唱える傾向が滲み出ます。

    シニアの経験も大切ですが、「フードロス」や「ひとり親世帯の貧困」を理解している人はどれだけいるのでしょうか?
    老いも若きも一緒に学ぶ姿勢がもっと大切なような気がします。



      


  • Posted by ひらめ  at 20:44Comments(0)少子高齢化いろいろ教育環境市民生活

    2016年12月08日

    「思い出と戦わず、次に進め」(内館牧子)の自分流解釈

    「東海道53次」にもある「次」は、「輸送の範囲は隣接する宿場までで、これを越えて運ぶことは禁止されていた。人足と馬もそこで交替することになり、隣の宿場に着くと荷物を新しい馬に積み替えた」ことに由来しているそうです。いわば次世代へのバトンタッチを準備することにあるのではないか、と私は受け止めています。

    ところで、命は限られていますが、自分だけのものでは無いはずです。生まれたのも自分の意思ではなく、一旦生を受けたら総て自分のものだと扱うのは間違っていると思います。
    親からもらった命は、親を始め、家族・友人・社会に何某かの影響を与え、また与えられています。延命治療が云々されていますが、「本人の意思を尊重する」だけの問題でもないと考えさせられた場面も見てきました。

    いずれにせよ、ある程度の年齢になれば、訪れる死の前に「次」へのバトンタッチに取り組むことが大切だと思います。子の無い人もいますが、何某かの社会との関わりはあるはずで、墓場に持ち込めるはずもない家や有形資産だけでなく、志なども誰かに伝えていく義務があるのではないでしょうか。
    伝承すべき後者の無形遺産が、「過去を誇ったり愚痴るもの」と「良しとする生き様や記憶」の、どちらに価値があるのかも問われます。

    次世代が私たちより少しでも良い思いをしてくれるような環境を作っていくことこそ、「次に進む」ことになるのではないでしょうか。
      


  • Posted by ひらめ  at 20:21Comments(0)いろいろ市民生活

    2016年09月26日

    八王子にすごい人がいます。



    写真は一昨日(9/24)開催された地域の環境関係グループ定例会の一コマです。
    メンバーの中にリンク先のような凄い方がいらっしゃいます。
    http://www.spaceref.co.jp/news/archive/article/search2002/2002_11_25son.htm
    実力は勿論ですが、凄さを全く感じさせないお人柄がまた素晴らしいものです。
      


  • Posted by ひらめ  at 06:19Comments(0)多摩いろいろ教育環境市民生活地域

    2016年08月31日

    近所付き合い


    クリックして拡大してください。
      ↓


    高齢者の近所付き合いの状況です。
    ただ、医療については日本の健康保険制度がそれなりに整っていることが背景にあるのかもしれませんね。
      


  • Posted by ひらめ  at 06:51Comments(0)いろいろ市民生活雑学地域

    2016年07月09日

    大事な人(年代別)

    三日間連続で「大事な人」アンケート結果をグラフにしました。



    親は歳を取るとともに亡くなっていき、職場や学校の友達もいつしか去っていきます。
    子どもへの想いはずっと変わりません。
    歳とともに、親が亡くなっていくのと反比例して兄弟親戚や配偶者の存在感が増してくるようです。
    グラフ右から2つめの「その他の友人・ 知人」が、シニア世代にとってカギになってくるのでしょうか?  


  • Posted by ひらめ  at 07:46Comments(0)いろいろ番外編市民生活データ雑学

    2016年07月08日

    大事な人(男と女)


    昨日の続編です。

    男女の微妙な差を、トクと満喫あれ!

      


  • Posted by ひらめ  at 07:53Comments(0)育児いろいろ番外編市民生活データ雑学

    2016年07月06日

    大切な人



    (クリック➡拡大してじっくりご覧ください)

    広告代理店業界のトップ、電通系の公益財団法人 吉田秀雄記念事業財団の資料からグラフを作成しました。

    ・会社のお偉いさんは意外と孤独 ・・・ 配偶者や子どもが頼り?
    ・事務系の会社員は配偶者や子どもと少し疎遠 ・・・ 今も昔も変わらない
    ・専業主婦は配偶者・子どものほか、隣近所とのパイプ ・・・ 最終的には強い?
    ・学生はやはり学校の友人 ・・・ 会社役員や専業主婦を含めて、他の括りの人たちの間ではグッと減ってしまっています
    * 数はわずかですが、親子・配偶者・親戚・友人・隣人でもない「この中にない」という人が、パート・アルバイト、専業主婦、無職の三種にだけ存在するのも気になります ・・・・・ 日常の周りにはいない人を描くしかないような孤独感の表れのような気もします。  


  • Posted by ひらめ  at 21:42Comments(0)好みいろいろ番外編市民生活データ雑学

    2016年05月24日

    迷ねーず

    迷うような天気ではなかったのに「折り畳み傘を入れっ放なしだったかなぁ~」って、開けたカバン。




    一日重たい目に合わせてくれた犯人(?)は昨日買った「マヨネーズ」。
    真犯人は私ですね。
      
    タグ :ぼけ痴ほう


  • Posted by ひらめ  at 21:46Comments(0)いろいろ番外編

    2016年04月25日

    The 南大沢 with 午後の紅茶 !



    京王相模原線南大沢駅の改札を出て、すぐ右前方のビル入り口にこんな自販機があります。
    地域を応援してくれる企業、素晴らしいですね。

    http://south-king.com/

      


  • Posted by ひらめ  at 17:05Comments(2)多摩いろいろ地域

    2016年04月02日

    未婚率(続編)

    この10数年、異常に悪化したのは何故でしょうか?
    為政者・庶民、みんなで考えるべきだと思いませんか?


      


  • Posted by ひらめ  at 20:06Comments(0)少子高齢化いろいろ番外編市民生活データ雑学

    2016年03月28日

    かんぱん

    昨日(3/27)は CANPAN
    ( 日本財団および特定非営利活動法人CANPANセンターによる、市民、NPO、企業などの活動支援プロジェクト) の勉強会がありました。

    お昼のお弁当をご馳走になったのですが、フタを見て勘違い。
    「唐揚げ」の文字を見ただけで、大嫌いな「鳥」を連想。連れの人に「唐揚げ」を差し上げてしまいました。




    で、その人が食べているのを見ると、唐揚げの中身は魚!
    返してもらうのも気が引けて・・・。
    お腹の満足感は、乏しい「おかず」よりも更に寂しいものでした。

    CANPAN についてもそうですが、何事も中身が大切ですね。  


  • Posted by ひらめ  at 08:10Comments(0)いろいろ

    2016年02月29日

    若者の結婚意識



    結婚・子育てには「経済的不安」を軽減することが不可欠。
    八王子も例外ではありません。  


  • Posted by ひらめ  at 18:50Comments(0)多摩いろいろ市民生活データ地域