たまりば

  日記/一般 日記/一般  八王子市 八王子市


2018年12月11日

日本経済考



ホームページには実に多くの情報・データがアップされています。
内閣府など公的機関のデータの一部から素人なりに資料を作ってみました。


国内最終消費支出(個別消費支出)と人口の変化を組み合わせてみました。
少子高齢化は消費力の低下に繋がり、資源や環境問題では良いのかも知れませんが、生産量を落とせざるを得ません。

昨今の外国人労働者の問題は、人手不足云々で議論されることが多いように感じていますが、国内の購買力をある程度確保する面からも考えても良いのではないでしょうか?

輸出依存(そもそも然程高くない)よりも国内需要のほうを重視すべきだと思います。

  


  • Posted by ひらめ  at 21:10Comments(0)市民生活データ

    2018年11月11日

    八王子6地域 住民基本台帳人口から 

    オープンデータ化が進み、行政データが入手しやすくなっています。
    与えられた少ない情報だけで判断するよりは好ましいことですが、増えた分、何を読み取るかということも問題になってきます。

    というわけで、八王子の人口統計を詳しく見てみました。


    広大な八王子市は6地域に分かれていますが、2011年と2018年それぞれ9月末時点で住民基本台帳上の人口(3階層年齢区分)を比較しました。
    2018年9月末時点の人口は全体で 564,541人ですが、内訳は次の通りです。


    全国的に都市化が進む中、その中でも中央部に集中する傾向があります。
    また、東部地区は多摩ニュータウンの一角でもあるのですが、高齢化が著しく、西部と西南部は減少が始まっています。

      


  • Posted by ひらめ  at 08:22Comments(0)多摩データ雑学地域

    2018年11月07日

    家庭内事故

    先日、新聞に家庭内事故のことが載っていました。
    病気になることを避けることは難しいですが、事故や自殺はある程度コントロールできるはずです。

    厚労省の「人口動態統計」をもとにグラフを作成しました。
    1本目は1980年からの死因別の推移です。

    癌、心臓、脳血管疾患、肺炎が多く、それに次いで老衰が順調に(?)伸びています。年次ごとの割合で増加しているのは癌(22%→28%)と老衰(4%→8%)だけです。

    で、先述の意味では増加していないものの本題の「事故死」です。
    2本目は家庭内での不慮の事故死件数14,000余りの内訳です。浴槽内での事故死がすでに交通事故死を上回っています。


    3本目は2017年に起きた家庭内事故死wp年齢別に見たものです。特に65歳過ぎるとお風呂は十分気を付けた方が良さそうですね。


      


  • Posted by ひらめ  at 08:11Comments(0)市民生活データ雑学

    2018年11月05日

    婚姻カップルの男女の年齢

    少子高齢化の背景の一つとして結婚を考えることも必要なのではないでしょうか?




    厚労省のHPにあった表をグラフ化してみました。
    まだまだ年上の男性と年下の女性が結婚する場合が多いとはいえ、確実に低下してきています。
    若年層の減少とは別次元の現象とは思いますが、この面でも男性の主導権が低下してきていることが分かります。
    良し悪しでもなければ、この傾向を変えることはできませんが、やはり女性が生活しやすく男性もその先に展望を持てるような社会にしていくような施策が求められているのではないでしょうか。  
    タグ :人口結婚


  • Posted by ひらめ  at 16:54Comments(0)少子高齢化いろいろ市民生活データ雑学

    2018年08月23日

    多摩地域の主な駅の乗降客数

    全く独断でピックアップした多摩地域の駅の乗降客数です(H22/H27対比)



      


  • Posted by ひらめ  at 15:41Comments(0)多摩市民生活データ地域

    2018年08月14日

    好位置



    2018.8.14 時点の八王子版「たまりば」ランキングです。
    順位そのものはもう少し上に行ったこともあるのですが、7位の大熊さん、9位のユーロードなどの近くで、この場所が「たまりば(ま)」せんねぇ~。

      


  • Posted by ひらめ  at 15:57Comments(0)いろいろデータ地域

    2018年08月13日

    都道府県別、いろいろ生活ランキング

    タイトルの通りです!




    出典:総務省HP「平成28年に実施した社会生活基本調査の結果」
    http://www.stat.go.jp/data/shakai/2016/rank/index.html  


  • Posted by ひらめ  at 08:28Comments(0)いろいろ市民生活データ雑学地域

    2018年08月12日

    子どもの学力の分かれ目?

    http://www.metro.tokyo.jp/tosei/hodohappyo/press/2017/02/23/21.html


    少し前の資料ですが、東京都が子どもや若者を対象にした調査結果を発表しています。
    子どもが勉強についていけなくなるのは小学3・4年のころが多いようです。



    進学のためだけで塾などに通わせるのではなく、小学3・4年の子どもが勉強嫌いにならないよう、また勉強する環境づくりの面で、周りの人がサポートできることもあるような気もします。  


  • Posted by ひらめ  at 09:53Comments(0)教育市民生活データ

    2018年08月05日

    このところの暑さだけでなく、気になることが・・・



    この画像は1月1日の日本近海の海水温度です。
    水深50mと400mを2017年と2018年を対比したものです。
    元々は直近のデータを調べていたのですが、1月1日でも水深50mでは昨年と大差ありませんが、高知の近海400mは高くなっているのが気がかりです。  
    タグ :海水温予兆


  • Posted by ひらめ  at 09:58Comments(0)環境データ雑学

    2018年08月03日

    八王子における7月の気象データから(その2)

    昨日の続編です。
    7月における31日間それぞれのデータから作成しました。






      
    タグ :熱中症気象


  • Posted by ひらめ  at 08:03Comments(0)多摩市民生活データ地域

    2018年08月02日

    八王子の7月の気温を比較しました!

    最近さぼっていて久しぶりのアップです。
    ・・・さぼっていたのは、この暑さのせいかも???











      
    タグ :暑さ記録


  • Posted by ひらめ  at 07:42Comments(0)多摩データ地域

    2018年05月21日

    夫婦の会話(ジェンダー理解の必要性)

    ここ数回、男女間のことを採り上げていますが、今回はその核心です。

    先日から引用している内閣府の調査によると、男性が弱音を吐くことをためらっているのに対し、男性が思うほど女性(妻)は拒絶していない感じです。男女共同参画やジェンダーに対する理解が男性にも必要であることが分かりました。



    夫婦間の会話が少ない人は多い人よりも明らかに危険なことを下のグラフは示しています。






      


  • Posted by ひらめ  at 11:26Comments(0)市民生活データ

    2018年05月20日

    老後、誰と一緒に暮らしたい?

    昨日の続きです。



    60歳代既婚の場合、配偶者と一緒に暮らしたい女性は約70%、男性は約90%。
    40歳代の女性がは約65%が老後も配偶者と暮らしたいと答えているので、その差は5%位ですが、男性は80%が90%と10%増加です。
    歳とともに男性は配偶者の存在がさらに大きくなっていくようです。  


  • Posted by ひらめ  at 16:43Comments(0)いろいろ市民生活データ

    2018年05月19日

    夫婦の会話(年代別)

    内閣府の調査には面白い(興味深い)ものがいろいろあります。
    そのうちの一つ「「男性にとっての男女共同参画」に関する意識調査報告書」から拝借しました。



    「連れ合いともっと会話したい」比率

    若い人たち(だけ?):女性>男性 
    暫く経ち(褪せる?):女性<男性



      


  • Posted by ひらめ  at 11:55Comments(0)いろいろ市民生活データ雑学

    2018年05月08日

    働き方改革???

    (内閣府の労働力調査より作成)


    「働き方改革」や「企業が元気にならないと雇用が生まれない」とか。
    確かに一理ありますが、グラフのような現実も。
    若者(特に男性)が希望をもってハツラツとした世の中でないと・・・。
      


  • Posted by ひらめ  at 12:46Comments(0)少子高齢化市民生活データ

    2018年02月15日

    何も掴めません

    いささか古いデータですが・・・(ややマイナーなこともあり、新しく集約された観測値が見当たりません)



    で、何が見えるか???  (・´ω・`)




      


  • Posted by ひらめ  at 15:34Comments(0)多摩環境データ地域

    2017年03月05日

    何年かかった?

    (PCの人は)下のスクロールバーを右にずらせてご覧ください。


    お陰様で、今までのアクセス数が1万を超えました。
    ご覧いただいた皆様、有難うございました。
    3月5日時点では、たまりばランキングも「77」位と縁起が良いです。

    1万ついでに、先日face_bookにもアップした”マン”ホールの写真です。
    八王子市制100周年、「百年の彩を次の100年の輝きへ」
    百×100=1万ということで・・・???



      


  • Posted by ひらめ  at 07:29Comments(0)いろいろ番外編歴史趣味市民生活データ地域

    2017年02月22日

    八王子の課題



    以前も似たことをアップしましたが・・・。
    高齢者が増えることよりも、子どもが減っていくことこそ大問題。
    行政も市民ももっと知恵を出す必要があると思います。  


  • Posted by ひらめ  at 21:01Comments(0)多摩少子高齢化データ地域

    2016年12月15日

    若者の受け止め方

    先日「思い出と闘うな 次に進め」、シニアにとっての次とは若者のために行動をすることではないでしょうか、との趣旨をアップしましたが、その若者は?





      
    タグ :社会格差


  • Posted by ひらめ  at 07:58Comments(0)少子高齢化データ

    2016年12月08日

    八王子市環境白書から



    八王子市内の何か所、さほど差はないようです。  
    タグ :調査河川


  • Posted by ひらめ  at 07:24Comments(0)環境データ地域