たまりば

  日記/一般 日記/一般  八王子市 八王子市


2019年11月10日

町田・八王子・相模原







この写真は昨日(11/9)法政大学で開催された第35回多摩シンポジウム”開かれた地と学び~地域まるごとキャンパス~”市民×自治体×大学の「協働」を傍聴した様子です。

田中優子総長のビデオメッセージに始まり、第一部は町田・八王子・相模原、各々の副市長、第二部は地域からの事例紹介がありました。

第一部では、町田はモノレール延伸をテコに、八王子は中核市効果による地域特性を生かした、相模原は他の二市に続いて法政大学との包括連携協定締結を前向きに考えた市民目線による、まちづくりに取り組んでいくといった三市の発表がありました。

第二部では各団体・組織からでしたが、特に八王子市保健生協の発表は実践を踏まえた説得力のあるものでした。

大学生に何を望むというよりは、大学生に対して、どんな形で協力していけるのかを市民として地域として考えていくことが求められている時代だと思いました。
  


  • Posted by ひらめ  at 17:12Comments(0)いろいろ雑学

    2019年11月06日

    渋谷はさすが!



    アップした画像は、昨日(11月5日)新宿の全労済ホールで開催されたシンポジウム「孤立する都市から共創するまちへ」に登壇された方々のプロフィールです。
    いずれもスゴイ人たち人たちでした。
    どうせ、在り来たりでツマラナイ話しだろうが、暇だから行ってみよう位の気持ちでしたが、特に、渋谷区長の長谷部さんやサイボウズ社長の青野さんのお話には惹きこまれました。

    「ちがいをちからに変える街」とHPに打ち出した渋谷区。
    https://www.city.shibuya.tokyo.jp/
    ただ昔が良かった的な発想(自分たちはの良さだけに目を向ける発想)とは全く違います。ハロウィンや再開発だけを話題にしているのは、もったいないと思います。

    職種がやや特異というものの、従業員の多様な働き方を認めた結果、離職率が下がり逆に売り上げを伸ばしたサイボウズ社。
    https://cybozu.co.jp/company/work-style/

    育て上げネットの工藤理事長など第二部の話も含めて、実に意義深い内容でした。
    全体を通じて特に印象的だったのは、多少自己流の解釈になるかも知れませんが、「課題解決を図る場合に、”今の状態だけで手を打とうとするのではなく、価値を付加していくための多様な考え方を打ち出す”ことの大切さを指摘された点です。

    ICTの更なる活用と寛容な精神の重要性にも説得力がありました。
      


  • Posted by ひらめ  at 11:52Comments(0)市民生活雑学地域

    2019年10月21日

    世代間

    OECDが発表している資料に興味深いものがありました。


    これは50歳以上の人を取り巻く家族との時間的な関り配分です。
    残念ながら、これはOECD加盟国の平均値のことで日本がどうかは分かりません。
    男女差などもう少し詳しく知りたいところですが、配偶者との関りが意外と少ない印象を持ちました。

    もう一つ、その資料から引っ張り出したのが次の図です。


    時間にしろお金にしろ、次世代が何に向けた使い方をして欲しいのかを伝えることこそ大切なような気がしますね。

    出典元:https://www.oecd.org/els/family/database.htmhttps://www.oecd.org/els/family/database.htmhttps://www.oecd.org/els/family/database.htm  


  • Posted by ひらめ  at 09:57Comments(0)市民生活データ雑学

    2019年09月24日

    油原 林間 ?

    こんな講習会があるようです。



    「素人の 素人による 素人のために」 → リンカーンはゲティスバーグの演説で「人民の 人民による 人民のための政治」を唱えましたが、
    与えられた各種情報・データにただ従わされるだけではなく、エクセルは自分たちで咀嚼するための優れたツールです。
      


  • Posted by ひらめ  at 07:48Comments(0)イベント雑学

    2019年09月04日

    税収全般と消費税

    ありそうですが、意外と見当たらなかったので作ってみました。


      


  • Posted by ひらめ  at 09:46Comments(0)市民生活データ雑学

    2019年09月02日

    お金のお話し

    日本全体のお話ですが・・・





    お金には縁遠い私にとっては少し残念な気もしますが、こんな資料もありました。

      


  • Posted by ひらめ  at 11:10Comments(0)データ雑学

    2019年07月13日

    ユーモア?

    12世紀から15世紀にかけて建造されたサマランカ大聖堂。
    そのファサード(建物の正面)には1990年代に補修工事が行われた際、画像にある「宇宙飛行士」()や「ソフトクリームを手にした怪物」()が彫り込まれています。



    宇宙飛行士

    ソフトクリーム

    元の彫刻は既に崩落していて原型が分からなかったため、ジェロニモ・ガルシア氏がこのようなものをその時代を象徴する形で作ったそうです。
    偏狭になりがちな人からすれば「ふざけるな!」と言うことになるかも知れませんが、私はユーモアがあって面白いと思いますが如何ですか?

      


  • Posted by ひらめ  at 08:45Comments(0)好みいろいろ番外編歴史旅行雑学

    2019年04月03日

    仕事と配偶者



    ここから何を読み取るかですが、差し当たりこんなところでしょうか?
    [無業者の場合]
    ・65~84歳の男性は配偶者がいない割合があまり増えない(配偶者がいる人の割合は増加)
    ・35~49歳の男性の無業者は圧倒的に配偶者のいない人が多い
    ・男性のほうが一般的に短命のためか、女性の高齢者は配偶者のいない割合が顕著
    [有業者の場合]
    ・子育ての目途が立つためか、40~54歳の配偶者のいる女性が仕事を持つ割合が高い
    ・65歳以上の男性は配偶者のいるほうの減少が目立つ

    「男は仕事、女は家事」という時代ではありませんが、それなりの事情もあるとは言え、配偶者もいなく仕事にも就かない男性があまりないような世の中が望ましいのではないでしょうか。

    ついでにグラフをもう一つ。



      


  • Posted by ひらめ  at 08:16Comments(0)市民生活データ雑学

    2019年03月31日

    若者の無業者



    政府統計にあったものをグラフ化しました。
    都道府県のところの数字は15~34歳のうち無業の割合がの良くない順です。

    沖縄はある程度想像できますが、和歌山・福岡も良くないですね。



      
    タグ :社会景気


  • Posted by ひらめ  at 11:30Comments(0)データ雑学地域

    2019年01月03日

    夜明け

    「夜明け」って言っても、まだ暗いのは世の中と一緒???



    時にはロマンチックな一年でありたいですね。  
    タグ :星空金星


  • Posted by ひらめ  at 07:19Comments(0)いろいろデータ雑学

    2018年11月11日

    八王子6地域 住民基本台帳人口から 

    オープンデータ化が進み、行政データが入手しやすくなっています。
    与えられた少ない情報だけで判断するよりは好ましいことですが、増えた分、何を読み取るかということも問題になってきます。

    というわけで、八王子の人口統計を詳しく見てみました。


    広大な八王子市は6地域に分かれていますが、2011年と2018年それぞれ9月末時点で住民基本台帳上の人口(3階層年齢区分)を比較しました。
    2018年9月末時点の人口は全体で 564,541人ですが、内訳は次の通りです。


    全国的に都市化が進む中、その中でも中央部に集中する傾向があります。
    また、東部地区は多摩ニュータウンの一角でもあるのですが、高齢化が著しく、西部と西南部は減少が始まっています。

      


  • Posted by ひらめ  at 08:22Comments(0)多摩データ雑学地域

    2018年11月07日

    家庭内事故

    先日、新聞に家庭内事故のことが載っていました。
    病気になることを避けることは難しいですが、事故や自殺はある程度コントロールできるはずです。

    厚労省の「人口動態統計」をもとにグラフを作成しました。
    1本目は1980年からの死因別の推移です。

    癌、心臓、脳血管疾患、肺炎が多く、それに次いで老衰が順調に(?)伸びています。年次ごとの割合で増加しているのは癌(22%→28%)と老衰(4%→8%)だけです。

    で、先述の意味では増加していないものの本題の「事故死」です。
    2本目は家庭内での不慮の事故死件数14,000余りの内訳です。浴槽内での事故死がすでに交通事故死を上回っています。


    3本目は2017年に起きた家庭内事故死wp年齢別に見たものです。特に65歳過ぎるとお風呂は十分気を付けた方が良さそうですね。


      


  • Posted by ひらめ  at 08:11Comments(0)市民生活データ雑学

    2018年11月05日

    婚姻カップルの男女の年齢

    少子高齢化の背景の一つとして結婚を考えることも必要なのではないでしょうか?




    厚労省のHPにあった表をグラフ化してみました。
    まだまだ年上の男性と年下の女性が結婚する場合が多いとはいえ、確実に低下してきています。
    若年層の減少とは別次元の現象とは思いますが、この面でも男性の主導権が低下してきていることが分かります。
    良し悪しでもなければ、この傾向を変えることはできませんが、やはり女性が生活しやすく男性もその先に展望を持てるような社会にしていくような施策が求められているのではないでしょうか。  
    タグ :人口結婚


  • Posted by ひらめ  at 16:54Comments(0)少子高齢化いろいろ市民生活データ雑学

    2018年08月13日

    都道府県別、いろいろ生活ランキング

    タイトルの通りです!




    出典:総務省HP「平成28年に実施した社会生活基本調査の結果」
    http://www.stat.go.jp/data/shakai/2016/rank/index.html  


  • Posted by ひらめ  at 08:28Comments(0)いろいろ市民生活データ雑学地域

    2018年08月05日

    このところの暑さだけでなく、気になることが・・・



    この画像は1月1日の日本近海の海水温度です。
    水深50mと400mを2017年と2018年を対比したものです。
    元々は直近のデータを調べていたのですが、1月1日でも水深50mでは昨年と大差ありませんが、高知の近海400mは高くなっているのが気がかりです。  
    タグ :海水温予兆


  • Posted by ひらめ  at 09:58Comments(0)環境データ雑学

    2018年05月19日

    夫婦の会話(年代別)

    内閣府の調査には面白い(興味深い)ものがいろいろあります。
    そのうちの一つ「「男性にとっての男女共同参画」に関する意識調査報告書」から拝借しました。



    「連れ合いともっと会話したい」比率

    若い人たち(だけ?):女性>男性 
    暫く経ち(褪せる?):女性<男性



      


  • Posted by ひらめ  at 11:55Comments(0)いろいろ市民生活データ雑学

    2017年04月24日

    1・2、3・5、4・5



    JR橋本駅。何か気になって考えてみましたが、やはりこの並びにするしかないようです。
    電車の乗り継ぎなどを考慮すると、仕方ない感じですが、ちょっと心地の悪さが残ります。  


  • Posted by ひらめ  at 20:17Comments(0)いろいろ番外編旅行市民生活雑学地域

    2017年04月09日

    プラスとマイナス!(末尾に解説付き?)

    昨日(4/8)は、お誘いを受けて小さな私塾の学習発表会に。
    昨年に続いて小中学生向きの理科実験もあり、そのコーナーではリニアの説明も。

    今更ですが、そこで知ったのが、大江戸線もリニアとか。
    ただ、多々あるパターンで、良いことずくめではなく電力消費が高いと指摘する向きもあるようです。
    http://www.tdk.co.jp/techmag/knowledge/201103/index.htm

    タイトルの意味、ご理解していただけましたか?
    ・・・ もちろん、「リニアの磁石」そして「長所(地下の建設費)と短所(消費電力)」の両面の「プラスとマイナス」です。  


  • Posted by ひらめ  at 17:13Comments(0)多摩少子高齢化雑学地域

    2017年02月01日

    薬剤を使わないボウフラ発生防止対策


    (昨日(1.31)の会合で頂いた資料から)

    これは町田市保健所の研究発表ですが、知らない人も多いのではないでしょうか?

    行政もいろんな課題を抱えていると思いますが、この会合に出さしていただいていると、関係者のご尽力に毎回驚かされています。
    願わくならば、より多くの市民に理解が広まりますように!  


  • Posted by ひらめ  at 07:37Comments(0)多摩環境市民生活雑学

    2016年09月28日

    生活のベース

    「生活保護」という言葉にはあまり良いイメージを持たない人が多いと思います。
    税金が蝕まれているとか、年金より優遇されているのでは?とか・・・。
    しかし、違った視点で見れば、困った人が最低限の暮らしを確保するのにかかるコストとも言えるのではないでしょうか?

    私を含めて、その中身をあまり理解できていないのではないでしょうか?
    厚労省のHPに「保護の種類と内容」が記されています。


    そこのうち主な生活保護項目の推移を八王子市のHPにアップされているものからグラフにしました。


    何となく一般の生活費が膨れ上がっているような感じを持っていましたが・・・。
    金額が最も多い医療費は右肩下がり気味というものの、一世帯当たりの金額を見ると、


    意外だったのは、世帯当たりの総額や介護費用は抑制されていますが、医療費がふたつ上のグラフとは異なる状況があったことです。
    皆さんはどう思われますか?






      


  • Posted by ひらめ  at 10:22Comments(0)市民生活データ雑学